[PR]

 中国の習近平(シーチンピン)指導部が香港の民主派排除に向け、強硬な一手に踏み切った。立法会(議会)の議員の資格を政府が剝奪(はくだつ)することを認めるもので、「三権分立」の形骸化は避けられない。ほかの民主派議員も一斉に辞意を表明し、新たな混迷と緊張が生じている。

 「立法会選挙に立候補する法定要件を満たさないなら、議員の条件も満たさないのは自然なことだ」

 香港政府の林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官は11日の記者会見で、民主派4人の議員資格の剝奪が正しい判断であることを強調した。4人は香港国家安全維持法(国安法)の制定に反対した言動などが問題視され、9月に予定されていた立法会選挙への立候補を禁止されていた。

共産党指導部 民主派伸長に隠せぬ危機感

 昨年の「逃亡犯条例」改正案を…

この記事は有料会員記事です。残り2752文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り2752文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り2752文字有料会員になると続きをお読みいただけます。