[PR]

国末憲人・ヨーロッパ総局長

 パワーゲームが繰り返される国際社会には、衝突や紛争が絶えない。とはいえ、そこにはやはり、一定の秩序が存在する。弱肉強食とは異なるルールだ。

 大国は尊大で、自らに都合の良い基準を押しつけてくるが、その分、グローバルな責任を担う。小国は大国の命令に従い、発言を限られる一方で、それなりの利益を得て生き残る。こうして、世界には曲がりなりにも調和が保たれてきた。

 冷戦構造の崩壊から四半世紀あまり、その秩序の頂点にいたのが米国であり、欧州が側面から支えてルールを整備した。

 この間、2003年に米英両国がイラク戦争に突き進み、14年にはロシアがウクライナのクリミア半島を占拠するなど、逸脱があったのは間違いない。ただ、多くの国が非難し、時に制裁を加えることで、国際秩序の維持を図ったのもまた確かだった。

米国が目先の利益に走った4年間

 この枠組みを大きく揺るがしたのが、トランプ政権の4年間だ。

 大国の責務を自覚することなく…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら