【動画】千葉・森田健作知事、4選不出馬を表明 「3期で終止符を打つべき」=上田雅文撮影
[PR]

 千葉県の森田健作知事(70)は12日、来春予定の知事選に立候補しないと表明した。定例記者会見で「自分の考え通り、知事に3期で終止符を打つべきと決めた」と述べた。

 不出馬の理由について「多選は良くないというのが基本的な考え。前回の選挙で『3期目は集大成です』と話してきた。私にとっては公約と同じぐらい重い言葉だった」と説明。この時期に不出馬を表明した理由については、台風災害の時期が過ぎたことや、新型コロナウイルスの医療体制が充実してきたことなどを挙げた。

 森田氏は、初当選後に東京湾アクアラインの通行料800円を実現させるなどの功績が評価された。一方、昨秋の台風災害対応では批判を浴びた。これまで支援を受けてきた自民党県連からほかの候補者を探すことを伝えられると、了承していた。周囲には「進退は自分で決める」と語り、去就を明らかにしていなかった。

 東京都出身。俳優としてデビューし、青春ドラマで人気者になった。参院議員、衆院議員を務めた後、2005年に千葉知事選に挑んだが落選。09年に初当選した。

 知事選をめぐっては千葉市長の熊谷俊人氏(42)が立候補を表明している。自民党県連は前スポーツ庁長官の鈴木大地氏(53)の擁立を目指したが、断念し、新たな候補者の選定を進めている。(今泉奏)