[PR]

 作家、三島由紀夫が東京・市谷の自衛隊駐屯地で割腹自殺して、今年で50年になる。いまも世界で作品が読まれる三島が、現代に残した問いとは何だったのか。その生と死を考える。

様々な「記号」から解き放てる時 豊島圭介さん(映画監督)

 今春公開したドキュメンタリー映画「三島由紀夫VS.東大全共闘 50年目の真実」で撮りたかったのは、三島が「いかに死んだか」ではなく「いかに生きたか」です。

 三島には、軍服や割腹自殺といったイメージがつきまといます。そして、その死とともに語られてきました。自衛隊駐屯地に乗り込んで自決したのですから、当然です。

拡大する写真・図版豊島圭介さん

 でも三島の映画を手がけるうちに、世間に流通しているイメージの陰に豊かな別の像があることを知りました。

 1969年5月13日、東大駒場キャンパスであった討論会で、三島は千人を超す東大全共闘の若者を前に、目を輝かせて、冗談を飛ばし、相手の言葉を真摯(しんし)に聴いていました。こんなに生き生きした三島を、彼を知らない世代に届けたい。TBSに残されていた当時の映像を見たとき、そう思いました。伝説化された「アイコン」や「記号」から、三島を解き放ちたかった、といってもいいかもしれません。

記事の後半では、「(死なない)憂国」で作・演出を担当した長久允さん、実弟が三島由紀夫とともに自決した森田治さんが、現代に残された問いについて語ります。

 あの討論会で重要だったのは、…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら