[PR]

 グラフィックデザイナー永井一正(91)の展覧会が東京・銀座のギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)で、11月21日まで開かれている。永井は札幌冬季五輪のシンボルマークを手がけるなど、70年近くにわたってデザインの第一線で活躍する一方で、動物をモチーフにした「LIFE」シリーズも描き続けてきた。今展ではその動物たちが主役となっている。

 展覧会の題名になった「いきることば つむぐいのち」は、4月に出版した自著のタイトル。自身の短い言葉と動物の絵を組み合わせた本で、展覧会は本の世界を立体的に展開することを目指したという。

 1階では和紙に印刷した動物たちの絵26点と言葉がつるされ、LED照明で文字と絵が交互に浮かび上がる。地下1階では「LIFE」シリーズの約190点が大スクリーンに投影される。

 大病を乗り越えて今も制作を続…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【1/25まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら