[PR]

 大相撲11月場所(東京・国技館)の5日目、横綱、大関で唯一となった貴景勝が5連勝した。

 番付重視の角界で「看板力士」と呼ばれる横綱、大関陣。けがは仕方がないとは言え、役者がどんどん消えるのは寂しい限りだ。だが、ただ一人残った貴景勝が土俵を守る重圧をはね返すように快勝した。

 この日は同じ押し相撲で、埼玉栄高の先輩でもある大栄翔との一番。低く当たり、手と足がリズム良く出る。場所前、十分に稽古してきた空気が伝わる。相手を正面に置き、逃がさない落ち着きも光っていた。

 初日からの5連勝は、大関昇進…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら