[PR]

 日本臓器移植ネットワーク(移植ネット)は12日、筑波大学付属病院(茨城県つくば市)に入院中の6歳未満の女児が、臓器移植法に基づく脳死と判定され、臓器提供の手続きに入ったと発表した。脳死と判定された6歳未満からの臓器提供は18例目。

 移植ネットによると、臓器提供は家族の意思だという。女児は低酸素脳症で8日に脳死とみられる状態になり、10日に1回目、11日に2回目の脳死判定が終わった。腎臓が10代の男性に、小腸が10歳未満の女児にそれぞれ移植される予定。

 脳死と判定された女児の家族は、命を「次につなぐ」という考えが、移植を決断した最大の理由だったとし、「世界のどこかで命をつなぎ、生き続けていってくれることを心から願います」と、移植ネットを通じてコメントを発表した。

 全文は以下の通り(一部表記を変更しています)。

     ◇

 娘は月齢よりも成長が早い子でした。

 背や手足も大きく、お座りやつかまり立ちも早くからできており、親はもちろん、サポートセンターの人やかかりつけ医をおどろかせていました。社交的で声をかけられたら笑顔で対応する子で、常に周囲を明るくしてくれる子でした。

 その娘を失うことになり、私たちは、深い悲しみの中移植を選択しました。

 選択するにあたり、娘の体にメスを入れること、魂のありかは? など、悩むことはたくさんありました。決断した最大の理由は、「次につなぐ」ということです。

 おさなくして命を落とした娘とおさない頃から色々制限されていた子を「つなぐ」ことで、より多くの経験をつめたらいいと思います。

 私たちの決断が正しいのかどうかは分かりません。これから生涯を通じて考え続けていきたいと思います。

 娘は確かにこの世界に生きて、私たちに大きな幸せをくれました。そして、世界のどこかで命をつなぎ、生き続けていってくれることを心から願います。