[PR]

 静岡市駿河区の日本平動物園でカピバラがお風呂を楽しんでいる。昨年、伊豆シャボテン動物公園からやってきた4匹で、愛らしい姿で来園客を楽しませている。

 カピバラは南米の水辺に分布するネズミの仲間で、寒さを嫌う。においや跡を残さないように川の中で排泄(はいせつ)する習性があり、体を温めたい時や便意をもよおした時にお風呂につかるという。

 カピバラたちはお湯の中で寝そべったり、頭までお湯をかぶったりしてお風呂を満喫していた。同市清水区の斉藤花林ちゃん(2)はお母さん、友達家族と一緒に来園。鼻までつかり目を細めるカピバラを「面白い顔をしてるね」と観察した。カピバラのお風呂は3月ごろまで見られるという。(広瀬萌恵)

関連ニュース