[PR]

 米国の政権交代に伴い注目を集めるのが、「新冷戦」とも言われるまでに対立を極めた米中関係の行方だ。バイデン次期大統領は中国の台頭に警戒しつつ、トランプ政権とは異なる対中戦略を描く。新政権への期待と不安が入り交じる中国は、権力の移行期も巧みに利用して外交の環境整備を急いでいる。

 「米国は力を見せつけるだけでなく、模範を示す力(the power of our example)で世界をリードする」。バイデン氏は7日の勝利演説で、そう強調した。

 目線の先にあるのは中国だ。トランプ政権は制裁関税という「力」を使い、単独主義で中国と対峙(たいじ)した。一方で、バイデン氏は同盟国と連携しながら、模範となるルールに中国を従わせることを狙う。

 軍事力と密接に関わる先端技術やデータを使い、非民主主義的に台頭する中国にどう対抗するか。米国のこの課題は変わらない。バイデン氏が異なるのはその手法だ。

単独主義を転換

 バイデン陣営に助言してきたサ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら