写真・図版

  • 写真・図版
[PR]

【朝日新聞ポッドキャスト】子どもへの性暴力①

 性暴力は「魂の殺人」とも呼ばれます。子どものころに受けた被害は、心身に深い傷を刻み、その後の人生にも大きな影を落とします。ところが、その被害はタブー視されるあまり、受け止める社会の認識が不十分なままです。

 そんな状況を変えたいと、傷つきながらも勇気を持って、体験を語り出した人たちがいます。性暴力にはどんな実態があり、起きてしまった被害に周囲の大人たちをはじめ、社会はどう向き合うべきなのか。被害者の取材を続けてきた大久保真紀編集委員が語ります。朝日新聞ポッドキャストでお聞きください。主な内容は以下の通りです。

・そろばん塾の帰りに「下着を脱げ」

・40年が過ぎても、トンネルを通ると

・言ってはいけない「忘れなさい」

・自分を責める被害者、自殺するケースも

有料会員の方は
音声の主な内容をテキストでも確認していただけます(音声の内容をそのまま書き起こしたものではありません)

     ◇

Q:今回取り上げるのは、工藤千恵さんのケースです。どんな被害に遭ったんですか。

A:工藤さんはいま48歳です。小学3年生だったころ、そろばん塾の帰りに見知らぬ男から「近くにある遊園地に行く道を教えてくれる? 道がわからないんだけど」と声をかけられました。

 本人は「知らない」と言って下…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。