超新星爆発で生じた素粒子「ニュートリノ」を世界で初めて観測し、2002年にノーベル物理学賞を受賞した東京大特別栄誉教授の小柴昌俊(こしば・まさとし)さんが12日夜、死去した。94歳だった。

 1926年、愛知県豊橋市生まれ。東京大理学部物理学科を卒業し、宇宙から地球に降り注ぐニュートリノなど宇宙線の観測に力を注いだ。70年に東大教授に就いた。

 物理学最大のテーマの一つである陽子の崩壊を観測しようと、岐阜県の神岡鉱山の地下に観測装置「カミオカンデ」を建設した。陽子崩壊は観測できなかったが、87年、私たちの銀河系(天の川銀河)の隣の大マゼラン星雲で起きた超新星爆発で生まれたニュートリノを観測。超新星爆発のしくみの解明が大きく進んだ。

 光や電波を観測する従来の天文学ではなく、ニュートリノで天体を観測する「ニュートリノ天文学」という新たな学問分野を開いた。朝日賞などを受けた後、02年にノーベル賞を受賞した。

 小柴さんの研究により、ニュートリノの重要性が改めて認識された。性能を上げた後継機「スーパーカミオカンデ」が建設され、小柴さんの教えを受けた東大の梶田隆章・宇宙線研究所長が、宇宙の成り立ちの謎の解明につながる「ニュートリノ振動」という現象をとらえ、15年にノーベル物理学賞を受賞した。