[PR]

 パナソニックは13日、津賀一宏社長が代表権のない会長に退き、後任に楠見雄規・常務執行役員が社長に就くトップ人事を発表した。来年6月24日付。長栄周作会長は特別顧問に就任する。また、同社は同日、2022年4月に持ち株会社制へ移行する方針も明らかにした。意思決定を早め、事業競争力を高める狙いだ。