[PR]

 名古屋市教育委員会が市立中学校の非常勤講師5人に未払いだった残業代を支払うと決めたことがわかった。労働基準監督署の是正勧告を受けて12日、市教委などが労基署に報告した。講師の申告に基づく残業代が支払われるといい、講師の支援者は「極めて異例」と評価している。

 市教委によると、講師4人は昨年11月、所定の勤務時間を超えて働いた分の残業代が支払われていないと市内の三つの労基署に申し出た。その後1人が加わった。今年2~3月、市教委や学校は「労働条件が明示されず、勤務時間の実態把握もされていない」などとして是正勧告や指導を受けた。学校では講師の勤務時間をタイムカードなどでは把握していなかった。

 その後、市教委が実際の労働時間を調査し、講師から申告のあった残業時間を認めた。学校では勤務時間を記録するための確認簿をつくったという。(小林圭)