[PR]

 10日、阪神の藤川球児の引退試合を甲子園で取材した。0―4と負けていた九回、希代のクローザーは時折笑みも浮かべ、晴れやかな表情で、12球すべて直球を投げこんだ。相手の巨人からは坂本勇人、中島宏之と長年、藤川としのぎを削ってきた打者が代打で登場し、藤川はともに空振り三振に切った。ファンも心から楽しんでいたようだった。

 その4日前、もう一つの引退試合を京セラドーム大阪で取材した。オリックスの捕手、山崎勝己の花道だ。「最後なんで、周りを見て野球をしようと思ったが無理だった」。彼の言葉がこの夜の緊張感を物語る。

 4―3でリードした九回からマ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら