[PR]

 沖縄県警は13日、新型コロナウイルス対策の国の持続化給付金100万円を不正に受け取ったとして、沖縄タイムス社(那覇市)の元社員牧志秀樹容疑者(45)=那覇市識名4丁目=を詐欺容疑で逮捕し、発表した。容疑を認めているという。

 県警によると、牧志容疑者は6月23日~7月27日、「個人事業主」と偽り、新型コロナで売り上げが減った中小企業などを対象にした持続化給付金を中小企業庁に申請し、100万円をだまし取った疑いがある。県警は共犯がいるとみて、捜査している。

 沖縄タイムス社は不正受給のほか、生活困窮者らを対象にした資金計80万円を不正に借り受けたと9月に公表し、10月に牧志容疑者を懲戒解雇処分としている。元社員の逮捕を受け、同社は「メディアに対する信頼を裏切るものであり、改めておわびする」とのコメントを出した。