• アピタル

インフル患者激減、世界でも コロナ感染の対策が影響か

有料会員記事新型コロナウイルス

野口憲太
[PR]

 例年ならば、国内のインフルエンザ患者が増える季節を迎えている。昨年はこの時期に「流行入り」が発表された。だが、今年は新型コロナウイルスとの同時流行が懸念されるなか、実際のインフル患者は少ないまま推移している。新型コロナへの感染対策が影響しているとの指摘もあるが、このまま流行は起きないのだろうか。

 厚生労働省は13日、インフルの流行状況を公表した。全国約5千カ所の定点医療機関から報告された患者数は、最新の1週間(11月2~8日)に全国平均で0・01人に満たない。「流行入り」の目安とされる「1人」を大きく下回る。昨年のこの時期(11月4~10日)は1・03人で、厚労省が流行入りを発表した。

 累計の患者数も今年は148人(8月末~11月8日)にとどまる。昨年(9月2日~11月10日)は約4万6千人が報告されていたので、約300分の1。一昨年の約9千人(9月3日~11月11日)と比べても約60分の1だ。

 日本だけでなく、世界も同じような状況だ。新型コロナで意識が高まった感染対策が、インフルにもよい影響を与えているのではないか――。専門家の間ではそんな見方が多くある。

 世界保健機関(WHO)は最新の報告で、手洗いなどの衛生対策などが「インフルエンザウイルスの伝染を減らすことに役立っているとみられる」と分析した。実際、6~8月に一足早く、本来のインフル流行期を迎えた南半球の国々では、ほぼ流行がみられなかった。ただ、WHOは「北半球でも同じ状況になるかどうかは不透明」とし、「対策が解除されればインフルの感染が広がる可能性はある」と指摘している。

 インフルに詳しい、けいゆう…

この記事は有料会員記事です。残り358文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]