[PR]

 複数の米主要メディアは13日、米大統領選挙で勝敗が決まっていなかったジョージア州でバイデン前副大統領が、ノースカロライナ州でトランプ大統領がそれぞれ勝利を確実にしたと一斉に報じた。これで全州で勝敗が決まり、バイデン次期大統領が過半数の270人を大きく上回る306人の選挙人を、トランプ大統領が232人を獲得することになった。

 バイデン氏は7日に勝利を確実にし、すでに政権移行チームを立ち上げている。12月14日には各州で選挙人が投票結果に基づいて投票する。来年1月6日に開票され、バイデン氏が正式に新大統領として選出される見通しだ。

 バイデン氏が獲得した306人は、2016年の大統領選挙でトランプ氏が獲得した人数と同じ。ジョージア州で民主党候補が勝利するのは、1992年のビル・クリントン氏以来となる。同州では得票率の差が0・3ポイントと小差のため、州の規定に基づき13日から再集計が始まった。同州の州務長官は、大規模な不正は見つかっていないと説明している。

 一方、トランプ大統領は選挙に…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら