[PR]

 大相撲の元大関で関取最年長の琴奨菊(36)=本名・菊次(きくつぎ)一弘、福岡県柳川市出身、佐渡ケ嶽部屋=が現役を引退することが14日、分かった。複数の関係者が明かした。約15年ぶりに幕内の地位を失い、西十両3枚目で迎えた11月場所(東京・国技館)は6日目の13日まで1勝5敗だった。

 相撲留学した高知・明徳義塾高から角界入りし、2002年初場所で初土俵を踏んだ。11年秋場所後に大関に昇進。16年初場所で初優勝を果たした。新入幕から66場所かけての賜杯(しはい)獲得は歴代2位の遅い記録で、当時、日本出身力士として10年ぶりの優勝になった。17年初場所で2場所連続負け越しを喫し、翌春場所に大関から転落していた。

 得意の左差しから、腰を相手にぶつけるように前に出る「がぶり寄り」が代名詞だった。幕内718勝は歴代6位。