[PR]

 医療費や税金が戻るとうそをつき、ATMから送金させる「還付金詐欺」を防ぐため、東京都内の5カ所の無人ATMに、携帯電話を圏外にする機器を警視庁が設置した。被害者が犯人から電話で指示され、言われるまま操作するケースが多いためだ。警察による設置は全国初。設置数を増やし、金融機関に導入を促すという。

 今年2月に還付金詐欺の被害に遭いかけた東京都の40代女性は「携帯電話が使えなければ、私のような経験をせずに済む」と機器の普及に期待を寄せる。

朝鳴った電話、矢継ぎ早の指示

 自宅の電話が鳴ったのは午前10時ごろ。区役所職員を名乗る男は言った。「還付金約2万円の申請がお済みでないようですが」

 区役所とやり取りしていた相続関係の電話と勘違いした。「指定のATMで手続きしてください」「到着したらお電話ください」。矢継ぎ早に指示された。

 約20分後に自宅近くのATMで男に電話をした。「キャッシュカードを出してください」と言われた直後、警戒中の警察官に声をかけられ、電話をかわると切れた。「警察官がいなければ大金がなくなっていた。言いくるめられて振り込む人も多いと思う。機器の設置を進めてほしい」

 還付金詐欺は特殊詐欺の一類型。主な手口は、自治体や税務署の職員を装って被害者に電話をし、医療費や税金の過払い金を返すと説明してATMに誘導。現金を受け取れるよう勘違いさせ、逆に犯人側の口座に送金させるものだ。警視庁によると、被害の7割は無人ATMで起きているという。

 今回導入されたのは携帯電話を圏外にする機器。コンサート会場などでも同じ機器が利用されている。通話を不能にする電波を発する仕組みで、犯人との通話を絶つ。10月に5カ所の無人ATMに設置し、試行を始めた。いずれも実際に被害があった場所だという。

コストは高額も、被害総額に比べれば…

 年間コストは1カ所約100万…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら