【動画】ウライ漁と呼ばれるサケ漁がピーク=上月英興撮影
[PR]

 国内の自治体で唯一、鮭(さけ)の名がつく山形県鮭川村の鮭川支流で、ウライ漁と呼ばれるサケ漁がピークだ。繁殖のため秋~冬にふるさとに回帰する生態を利用し、川に段差とオリを設けて遡上(そじょう)してきたサケを捕らえる。

 40~80代の11人いるウライ漁のメンバーは14日午前6時半ごろ、泉田川沿いに集結した。オリに入って網を上げると、体をうねらすシロザケがごっそり。棒で頭をたたいて弱らせた後、メスの腹を割いて魚卵を採り、オスの腹を押して人工授精。サケはくじ引きで公平に分配した。

 水位が低いとサケは遡上しづらい。多い日は100匹以上揚がるが、今年は少なく、この日も47匹。代表の津藤多悦さん(71)は「雨の恵みがあればな。あと半月で何とか挽回(ばんかい)したい」。

 川を遡上するサケは卵巣・精巣に栄養が集まり、海のサケより脂は少ないが、昔は内陸部の重要なたんぱく源だったという。サケをテーマにした地域おこし協力隊員として昨年移住した松並三男さん(36)は「川にはS字カーブがあり原始の状態に近く、魚の付き場がいっぱいある」と鮭川の魅力を語る。(上月英興)