[PR]

 大相撲の元大関琴奨菊(36)の現役引退と年寄「秀ノ山」襲名が15日、日本相撲協会の理事会で承認され、発表された。琴奨菊は今後、秀ノ山親方として後進の指導にあたる。

 現在の関取最年長だった琴奨菊は歴代6位の幕内718勝を記録し、今場所は約15年ぶりに十両に落ちていた。現役最後の土俵となった6日目の取組前には、体を大きく反らせる「琴バウアー」を、久しぶりに披露していた。