[PR]

 世界の本塁打王、王貞治会長を「2本、見事なホームランだった」とうならせた。ソフトバンクの中村晃がムードを一変させる1発目に、逆転の2発目。2打席連発で試合をひっくり返した。

 第1戦に続いて先行された。でも、中村晃は「割り切りがうまくできている」。自身64戦目というポストシーズンは戦い慣れている。焦りはなかった。

 工藤監督が特に評価したのは二回の1発目。3点のリードを許し、重い空気が流れていたなか、チェン・ウェインの初球をすくい上げた。右越え2ランに、工藤監督は「あれに勇気をもらった」。四回も再び右翼スタンドへ、逆転2ランを届かせた。本人は「できすぎです」と謙遜したが、これでCSでは5年連続の通算8本塁打となった。

 切れ目ない打線をつくる「つな…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら