[PR]

 山梨県女子サッカーリーグ1部の「2強対決」、FCふじざくら―山梨学院大が15日、鳴沢村の富士緑の休暇村「フジビレッジ」であり、1―1で引き分けた。

 リーグ戦は9月下旬に始まったが、コロナ禍で6チームによる2回戦総当たりから1回戦総当たりに変更された。優勝チームは関東女子サッカーリーグ2部の入れ替え戦に臨める。

 試合は後半1分、FCふじざくらが南條里緒選手のシュートで先制。同31分、山梨学院大は浜田芽来選手のシュートで追いつき、最後まで攻守で激しいせめぎ合いが続いた。

 なでしこリーグ参入を目指すFCふじざくらは山梨学院大に未勝利。南條選手は「もっと貪欲(どんよく)に2点目を狙うべきだった」と悔しさをにじませた。(河合博司)

関連ニュース