[PR]

 米大統領選をめぐり、トランプ大統領が敗北を認めないため、バイデン次期大統領が安全保障に関わる機密情報の報告を受けられない事態となっている。与党・共和党や元政府高官からも影響を懸念する声が出始めている。

 米国の法律では、連邦政府資産を管理する一般調達局(GSA)が大統領選の勝者を確認すると、次期大統領に資金や部屋が提供されるほか、情報機関を統括する国家情報長官室が毎日、安全保障に関わる情勢を次期大統領に報告する。しかし、トランプ氏が敗北を認めていないこともあり、この手続きは進んでいない。

 安全保障に関する報告は大統領…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら