[PR]

 コロナ禍で2割の男女が夫婦仲が良くなったと感じ、仲が悪くなったと思う人の3倍に――。11月22日の「いい夫婦の日」にちなみ、明治安田生命保険が16日、こんなアンケート結果を発表した。在宅勤務の広がりで、夫婦間のコミュニケーションが増えたことが背景にありそうだという。

 20~50代の既婚男女1080人に、コロナ禍による夫婦関係の変化を尋ねたところ、「仲が良くなった」「どちらかといえば良くなった」と答えたのが計19・6%だった。一方、「仲が悪くなった」「どちらかといえば悪くなった」としたのは計6・1%。残りの74・3%は「変わらない」と回答した。

 「仲が良くなった」「どちらかといえば良くなった」と答えた男女に理由(複数回答)を聞くと、「コミュニケーションや会話の機会が増えたため」(62・5%)が最多で、「一緒に食事をする頻度が増えたため」(37・1%)が続いた。理由には男女の違いも見られ、「配偶者が家事や育児に協力的になったため」としたのが、妻側は23・4%だったのに対し、夫側は6・1%にとどまった。

 明治安田生命の広報担当者は「いわゆる『コロナ離婚』も話題になったが、テレワークなどの浸透により、夫婦の会話や食事の機会が増え、夫婦仲が良くなったと実感した人が増えたのかもしれない」とみる。

 夫婦間の1回あたりのプレゼント予算については、前年より1035円安い1万4528円に減り、コロナ禍による将来不安も影響したようだという。

 あわせて「理想の有名人夫婦」を20~70代の既婚男女に尋ねたところ、トップは15年連続で三浦友和さん、山口百恵さん夫妻だった。「年数が経ってもお互いを尊重していそうだから」「いつまでも仲が良さそうだから」との意見があったという。三浦さん、山口さん夫妻は「殿堂入り」として、次回以降のアンケートの回答対象から外す。

 堺雅人さん、菅野美穂さん夫妻は、前年の20位から今年は4位へ躍り出た。堺さんが主演したテレビドラマ「半沢直樹」の人気を反映したようだ。「落ち着いてお互いを大切にしているから」「夫婦で子育てを頑張り、お互いの仕事を理解しているから」との声があった。明治安田生命の広報担当者は「ドラマで演じた妻を大切にする夫の姿から支持を集めたのかもしれない」という。

 アンケートは10月12~16日に全国の20~70代の既婚男女に対してインターネットを通じて実施し、計1620人から回答を得た。(山下裕志)

理想の有名人夫婦ランキング

1(1)三浦友和・山口百恵

2(3)ヒロミ・松本伊代

3(2)唐沢寿明・山口智子

4(20)堺雅人・菅野美穂

5(17)杉浦太陽・辻希美

6(6)佐々木健介・北斗晶

7(5)藤井隆・乙葉

8(16)江口洋介・森高千里

9(9)田中将大・里田まい

10(7)桑田佳祐・原由子

〈明治安田生命保険調べ。かっこ内は前年順位。敬称略〉