[PR]

 菅義偉首相は16日午前、来日中の国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長と首相官邸で会談し、来夏に延期された東京五輪・パラリンピックの開催実現に向け連携していくことを確認した。バッハ会長は「東京大会を必ず実現し、成功させる」と述べたという。

 首相は会談後、記者団に「観客の参加を想定した検討を進めていると説明し、安全・安心な大会の実現に向け今後も緊密に連携していくことで一致した」と述べた。観客を入れた形での開催について、バッハ会長は「確信を持つことができた」と記者団に語った。

 首相は会談で、大会開催を「人類がウイルスに打ち勝った証し」と位置づけ、「東日本大震災から復興しつつある姿を世界に発信する」と強調。「大会を実現する決意だ」と述べた。

 バッハ会長は「大会を来年実行…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら