宮内庁は16日、皇居で来年1月2日に予定されている新年一般参賀について、新型コロナウイルスの影響を見ながら実施するかどうか検討していると明らかにした。中止となれば、昭和天皇の逝去により実施されなかった1990年以来。

 一般参賀は、皇居・宮殿前の東庭に大勢の参賀者が集まり、長時間待機する可能性もある。