[PR]

経済インサイド

 新型コロナウイルスの感染第2波に襲われている欧州各国は、春に続く「再ロックダウン」に踏み出している。経済には痛手だが、人命には代えられないとの判断だ。私が住むロンドンも11月5日から約1カ月のロックダウンに入った。街の変化を知るために北部の商店街を歩いた。

拡大する写真・図版「店内に現金は残っていません」と張り出した玩具店=2020年11月6日、ロンドン、和気真也撮影

 「政府の方針により、店を閉じます」

 貼り紙を扉に残し、洋服店や靴店はすべて閉まっていた。ショーウィンドーに飾られたクリスマス商材やセールのポスターが、妙に切ない。「店内に現金はありません」との貼り紙もある。長期不在の隙を狙う空き巣を警戒してのことだろう。

 英国の1日の感染者数は、12…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら