[PR]

 愛知県豊橋市の市立八町小学校が、各教科を英語で教える「イマージョン教育」に取り組んでいる。狙いは、世界で活躍できるグローバル人材の育成。市教育委員会によると、算数などの主要教科に導入した公立小学校は全国初という。

 「Let me try(私にやらせて)!」

 小数の割り算やかけ算を学ぶ4年生の算数。答えを聞かれた子どもたちが、次々と手を挙げた。

 かけるは「times」、割るは「divided by」、小数点は「point」。英語が話せる日本人教員と、外国籍の教員「NET(Native English Teacher)」の2人で授業を進めるが、子どもが首をかしげる場面では、日本語で説明する。この日は文章題にある「aquarium(水族館)」や「weigh(計量する)」を全員で復唱して覚えた。

 豊橋市は2005年、国から英…

この記事は有料会員記事です。残り1127文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1127文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1127文字有料会員になると続きをお読みいただけます。