[PR]

今回の言葉「教ゆれば、覚ゆったい」

 「田起こしに、力なんかいらねえんだよ。鍬(くわ)の端っこを持って、大きく振りかぶり、自然の力で落とす。遠心力で、深く刺さる。てこの原理で土をひっくり返す。米作ると、理科もお勉強できんだ」

 がらっぱちな東京弁でテキトー言っている。子供は純真なもので、目を見開き、模範演技を見つめている。

 長崎・諫早にあるわたしの棚田、そのすぐ近くにある小学校で、田植えを教え始めてもう5年になった。小学校では独自に田植え授業をしていたが、面倒みてくれた農家の保護者が引退。ほかに教えられる人はいない。近所で暇そうにしているアロハ姿の怪人(=わたし)に、おっかなびっくり、課外授業の申し出があったのだった。

「アロハで」外伝
日田支局長兼編集委員の近藤康太郎が、九州で百姓・猟師をしているあいだに拾った言葉をつづります。アロハ姿で米づくりや猟に挑んだ過去の「アロハで…」シリーズはこちらから

 しかし、わたしもど素人である。東京から九州に移住し、いまは亡き田んぼの師匠(享年70)に一から教えてもらってきた。じつはいまもって失敗ばかりする、まぬけ百姓。教えるなんてとんでもないっすと固辞していた。その当時、師匠に言われたのが今回テーマの言葉だ。

 この師匠、毒舌なんだが、たまに“金言”をはく。その後気付いたが、人は、田や山や、自然に抱かれていると、つい「いいこと」を言ってしまうのだ。人間の小ささ、命の尊さを、体で実感するからだろう。田んぼの上では、みな、詩人だ。

 この教えは深かった。わたしの…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら