[PR]

 不織布のマスク約282万枚を仕入れたものの、購入代金約7400万円を踏み倒そうとしたなどとして、警視庁は、指定暴力団山口組系の組幹部西村裕之容疑者(55)=住所不定=ら男3人を恐喝未遂と監禁の疑いで逮捕し、16日発表した。

 調べに対し、西村容疑者は「転売目的で入手した」と供述しており、警視庁は市場にマスクが出回り高額で転売できなくなったため、支払いを免れようとしたとみている。同庁によると、暴力団がコロナ禍のマスク需要を利用し、資金を得ようとしたことが明らかになるのは異例という。

 ほかに逮捕されたのは、いずれも職業不詳の穴井優孝(34)=大阪府阪南市桃の木台5丁目=と吉田譲二(71)=東京都台東区日本堤1丁目=の両容疑者。

 浅草署によると、西村容疑者らは、貿易会社の男性役員(28)を東京都台東区の風俗店に呼び出し、5月19日午後5時ごろから約11時間にわたり監禁。「不良品を売りつけられた。ここから逃がさないぞ」などと脅し、マスクの代金を踏み倒そうとした疑いがある。4月下旬に中国製のマスクを発注し、5月中旬に納品を受けたばかりだったという。3人の隙をついて逃げ出した男性が、110番通報した。