女性歌手のカバーばかりで新作 なぜ? 宮本浩次に聞く

有料会員記事

定塚遼
[PR]

 ロックバンド・エレファントカシマシ宮本浩次が、歌謡曲のカバーアルバム「ROMANCE」を18日に発売した。「異邦人」「喝采」「木綿のハンカチーフ」……。1970年代~80年代を彩った楽曲を中心とした12曲の原曲は、すべて女性がボーカルの曲だ。

写真・図版
宮本浩次さん=村上健撮影

 なぜこのアルバムを作ろうと思ったのか。冒頭そう問うと、「何でだろう……」と頭を抱えて沈黙し、答えた。「総括というか、最後に自分のやりたかった夢を実現したかった」

ここから続き

 54歳。老け込むには早すぎ…

この記事は有料会員記事です。残り1478文字有料会員になると続きをお読みいただけます。