[PR]

 マッサージを受けるため自宅に呼んだ女性を襲ったとする2018年の性的暴行事件で、強制性交罪に問われた元俳優の新井浩文被告(41)の控訴審判決が17日にあり、東京高裁(細田啓介裁判長)は懲役5年とした一審・東京地裁判決を破棄し、懲役4年を言い渡した。被告側の無罪主張を退けたうえで、慰謝料300万円で女性と和解したことを考慮した。

 新井被告の弁護側は控訴審で、女性を押さえつけるなどの暴行はなく、明確な拒絶の意思も示されなかったと主張。「合意があると考えて行為に及んだ」と無罪を訴えていた。

 しかし高裁判決は、女性が一貫して嫌悪感や拒絶感を示していたと認定。性的行為を求められ動揺する中、意思に反して行為を重ねられたことを暴行ととらえ、「性交時には抵抗が著しく困難な状態にあった」とした。強制性交罪は「個人の性的自由を保護するものだ」とし、女性を押さえつけるなどしていなくても、「被告の暴行は軽微なものでは決してない」と結論づけた。

 また、合意の認識については、女性の嫌悪感を全く察知できなかったとは考えられないと指摘。「女性の合意がない可能性を十分に認識していた」とした。(根津弥)