[PR]

 来年1月に召集される通常国会について、政府・与党は1月8日召集を軸に調整を始めた。国会を早期に召集することで、1月中の解散の可能性を残し、総選挙の時期の選択肢を広げる狙いだ。

 加藤勝信官房長官と自民党の森山裕国会対策委員長、林幹雄幹事長代理は17日朝、東京都内で会談し、早期に通常国会を召集し、第3次補正予算をすみやかに成立させる方針を確認した。通常国会は例年、1月下旬に召集されることが多いが、次の通常国会は1月8日に召集し、月内に第3次補正予算を成立させる段取りを描く。

 菅義偉首相は今月10日、新型コロナウイルス感染拡大を受け、追加の経済対策の策定とその費用を賄う第3次補正予算案の編成を全閣僚に指示した。12月中旬にも閣議決定される見通しだ。その後、予算案が国会に提出されるまでには「1カ月近くかかる」(自民ベテラン)とされる。そのため政府・与党は今後、補正予算案の編成状況を見ながら、召集日の調整を進める。

 衆院議員の任期満了まで1年を切る中、菅首相がいつ衆院解散・総選挙に打って出るのかに注目が集まる。国会を1月8日に召集すれば、1月中に第3次補正予算を成立させた後、菅首相がすぐに解散に踏み切ることもできる。1月の解散がない場合は、新年度予算を成立させた後の来年4月以降や、東京五輪・パラリンピック後の来年9月が選択肢となる。

 二階俊博幹事長は16日の会見…

この記事は有料会員記事です。残り545文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り545文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り545文字有料会員になると続きをお読みいただけます。