[PR]

 ギリシャ悲劇を題材に、固い絆で結ばれた青年2人の旅路を描く「オレステスとピュラデス」。愛憎入り乱れる舞台に、主演の鈴木仁と濱田龍臣が、すがすがしい風を吹き込む。

拡大する写真・図版オレステスを演じる鈴木仁(右)とピュラデスを演じる濱田龍臣=倉田貴志撮影

拡大する写真・図版オレステスを演じる鈴木仁(右)とピュラデスを演じる濱田龍臣。演出の杉原邦生は、「役が2人のキャラクターに合っている」と話す=倉田貴志撮影

 英雄の息子でありながら臆病なオレステスは、ピュラデスにとって守るべき存在で、オレステスも逆に頼り切っている。2人の間には友情や深い信頼、恋愛にも似た愛情が垣間見え、依存し合う危うさも漂う。

 たくましくも繊細なピュラデスを演じる濱田は「コンプレックスと優越感が入り交じった感情、オレステス以外はどうでもいいという排他的なところもある」と語る。

 オレステスを演じる鈴木は20…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら