[PR]

 ブランド農作物の海外流出を防ぐことを目的とした種苗法改正案が17日、衆院農林水産委員会で立憲民主、共産両党をのぞく与野党の賛成多数で可決された。政府提出の法案だが、俳優の柴咲コウさんがツイッターで懸念を表明したことでネットを中心に話題になり、先の通常国会では審議見送りとなっていた。

 採決に先立ち、この日の委員会では、野上浩太郎農水相が「知的財産を守り、地域の農業の活性化に資するものだ」と意義を強調した。反対する立憲の亀井亜紀子議員は「許諾料が発生すれば小規模農家は不安になる」などと述べた。

 改正案は、日本国内で開発され、国に登録された高級果実などの種や苗木について、海外への無断での持ち出しを禁じる。開発者が国内の栽培地域を指定できる。農家が自らの栽培のために枝分けなどで種苗をつくる「自家増殖」をする際には、事前に開発者の許諾をとることを求め、種苗の管理を強化する。

 菅政権は農産物の輸出を成長戦略として重視する。長い時間と資金をかけて開発した品種は知的財産であり、流出防止策などの保護が必要だと主張している。

 日本国内で開発された高級ブドウやサクランボなどの種苗が海外に流出し、アジアで格安販売される事例が相次いだ。安価な作物が第三国へ輸出されれば、成長戦略の一つにしている農産物の輸出に痛手になる。このため、政府は今年の通常国会に改正案を提出していた。

 ところが、俳優の柴咲コウさんが「このままでは日本の農家さんが窮地に立たされてしまいます」とツイッターに投稿し、にわかに注目が集まった。野党の一部からの反対もあり、結果的に通常国会では審議見送りになった。

 特に問題とされたのは、自家増…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【1/25まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら