【動画】子宮移植を実施した母ザルから、無事に子ザル出産=滋賀医科大提供
[PR]

 慶応大や滋賀医科大などのチームは、子宮を移植したサルに子どもを産ませることに世界で初めて成功したと発表した。サルは5月に生まれ、健康だという。18日に国際医学誌に掲載された。チームによると、海外ではヒトの子宮移植による出産例が約40例あるが、国内では実施例はない。チームはサルでの成功で、ヒトへの実施にも意欲を見せている。

 チームは、あらかじめ子宮を摘出したカニクイザルのメスに、ほかのメスの子宮を移植。免疫抑制剤を使いながら、体外受精させた受精卵を子宮に戻し、妊娠させた。

 子宮移植のために子宮を摘出する手術は、移植後に再び子宮を使えるように、子宮周辺の太い血管を残すなど高度な技術が必要になる。チームはヒトでの実施をめざし、これまでサルで研究を続けてきた。17年に今回出産に成功したサルに子宮移植手術を実施し、18年には妊娠に成功したが、2度流産。19年12月に3度目の妊娠で発育が良好になり、帝王切開によって出産に至った。

 慶応大はヒトでの子宮移植に向…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら