[PR]

 新型コロナウイルスの感染の再拡大は夏季競技にとどまらず、冬季競技にも直撃し始めている。ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)は2022年北京五輪のプレシーズンが週末に幕を開けるが、中止や延期になった試合が続出。まともにシーズンを送れるのか、関係者の不安が日増しにふくらんでいる。

 「北京五輪に向け、自分たちが今どれぐらいの位置にいるか。それを測る大事なシーズン。大会はできるだけやってもらわないと困る」。全日本スキー連盟の幹部は頭を抱える。

 ジャンプW杯は男子が21日にポーランドで開幕戦を迎える予定だが、女子はノルウェーで12月に予定されていた開幕戦は延期に。国内で予定されていた札幌大会と山形・蔵王大会は参加選手の安全確保が難しいとして、早々と中止に追い込まれた。女子はただでさえW杯の開催が少なく、平昌五輪銅メダルの高梨沙羅(クラレ)や伊藤有希(土屋ホーム)は国内で調整を続けることになりそうだ。

 ノルディックのW杯は感染が急…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら