拡大する写真・図版参院選の投票所に設置された投票箱=2019年7月19日午後3時4分、名古屋市の東桜小学校、岩尾真宏撮影

[PR]

 宮城や東京、大阪などに暮らす人が投じる一票は、実は福井の人の3分の1の価値しかない……。「一票の格差」が最大3倍だった選挙は投票価値の平等を定めた憲法に反するとして、弁護士たちが昨年7月の参院選をやり直すよう求めた16件の裁判の上告審で、最高裁大法廷がきょう18日、判決を出す。違憲か、合憲か。午後3時に言い渡される統一判断が注目される。

 一票の格差は、議員定数1人あたりの有権者数が選挙区ごとに異なることで生じる。同じ1人を選ぶなら、人口が多い地域ほど一人ひとりの一票の価値は薄まる。たとえば30万人の地域に比べ、90万人の地域に住む人の一票の価値は3分の1。国民の代表を通じ、意見を国政に反映させることが難しいといえる。

各都道府県の「一票」の価値は?
記事の終わりに、各都道府県ごとの「一票の格差」ランキングがあります。

 昨年の参院選では、議員1人を選ぶ有権者が最も少なかった福井県を「1票」とすると、宮城県の一票の価値が最も低く0・33票、新潟県、神奈川県、東京都が0・34票で続く。21都道府県が0・5票以下で、おおむね都市部が低くなる傾向にある。政治に声を届けたい人は、地方にも都市部にもいる。「公職選挙法の選挙区割りや議席配分は差別を生んでいる」と訴えたのが、今回の裁判だ。

 同様の裁判は何度も起こされ、最高裁は「投票価値の平等は憲法の要請」と認めつつ、実際に制度を決める国会にも裁量があると考えて「平等だけが絶対の基準ではない」としてきた。

 「違憲」と宣言するのは、①不平等が著しい②前の選挙から不平等を改善する努力を怠っている――の両方を満たしたときだ。①だけだと「違憲状態」という中間的な判断で、結論は原告の敗訴となる。

 今回の焦点は、国会が2015年の公選法改正で「合区」を導入して以降の取り組みだ。これによって16年選挙の最大格差は4・77倍から3・08倍に縮小。この仕組みは今回の選挙も維持されたが、改革はここで足踏みをしている。

拡大する写真・図版参院選の「一票の格差」訴訟で、最高裁に入廷する越山康弁護士(右から2人目)=1982年12月8日、東京都千代田区

 一票の格差を焦点にした裁判の…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら