[PR]

 全国で新型コロナウイルスの患者が急増している。「第3波」とも言われる状況だが、患者を受け入れる病院のベッドは足りるのか。

 北海道では、高齢者施設や医療機関での集団感染が多発している。鈴木直道知事は17日、「医療体制の逼迫(ひっぱく)度合いが増している」として、不要不急の外出を自粛するように札幌市民に呼びかけた。宮城県や茨城県でも病床利用率が急増。各地で病床の逼迫が懸念され、新たな対応を迫られている。

 東京都の感染症医療体制協議会委員を務め、病床の調整などを担う山口芳裕・杏林大病院高度救命救急センター長は「若者が多かった第2波と中年以上の比率が高い現在では、医療の負担は大きく異なる」と強調する。

 実態はどうなのか。

 厚生労働省が公表している入院…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら