[PR]

 菅義偉首相は17日、来日したオーストラリアのモリソン首相と首相官邸で会談し、自衛隊と豪州軍が共同訓練を行う際に、相互訪問を円滑化する協定について大枠合意した。日豪は準同盟国として協力関係を深めており、東シナ海や南シナ海で海洋進出を続ける中国を牽制(けんせい)する狙いがある。

 菅首相が就任後、国内で外国首脳と会談を行うのは初めて。共同記者発表で菅首相は「円滑化協定は、インド太平洋地域の平和と安定に貢献していく両国の意思を強固に支えるものだ」と強調。モリソン首相も「今日は特別な大きな一歩を踏み出した。重要な協定を持てることは、信頼を寄せていただいている証しだ」と述べ、大枠合意を歓迎した。

 円滑化協定は、自衛隊員や豪軍関係者が相手国に入国する際の審査が不要になるなど、共同訓練や災害支援を実施しやすくする狙いがある。締結する際には、相手国で罪を犯したときの手続きも定める。日豪両国は自衛隊と豪州軍との共同訓練を質、量ともに増やし、安全保障・防衛協力を深化させることをめざす。

 会談では、日本が提唱する「自由で開かれたインド太平洋(FOIP)」の実現に向け、緊密に連携していくことも確認。菅首相は「インド太平洋地域では、地域の平和と安定に貢献する意思と能力を有する日豪の安全保障、防衛協力の重要性が高まっている」と指摘した。

 連名の共同声明で、両国関係を…

この記事は有料会員記事です。残り951文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り951文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り951文字有料会員になると続きをお読みいただけます。