[PR]

 北海道は17日、新型コロナウイルスの感染拡大が止まらないことを受け、札幌市の警戒ステージを「4」相当へ引き上げ、同市で不要不急の外出自粛や、道内他地域との往来を自粛することを求めると正式決定した。27日まで実施する。感染者が多い札幌市の「封じ込め」で全道の感染を抑えたい考えだが、「Go To」キャンペーンなど経済活動を維持しながらの対策の効果は見通せない。(芳垣文子、原田達矢、長崎潤一郎、松尾一郎)

 道が独自に定めた警戒ステージは現在「3」。これを札幌市だけ「4」相当に引き上げた形とし、より強い対策を行う。人口が集中する札幌市ではクラスター(感染者集団)が多発し、道内各地に感染を広げているとみて、札幌市の「封じ込め」で感染を抑える。

 これらの自粛要請にはいずれも「感染リスクを回避できない場合」との条件がつく。具体的には、感染対策が不十分な施設を利用したり、いわゆる「3密」の状況になるなどしたりする場合は、「リスクを回避できない」としてこうした自粛策を求める。

 ただ、こうしたリスクを避ける感染対策は以前から求めてきたものだ。鈴木知事は会見で「かなり強いお願いだ」としたが、この日示した具体策も従来の感染防止の呼びかけと大きくは変わらない。

 道が示した例で明確なのは、「…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら