[PR]

 大阪出身で昭和を代表する名優、森繁久彌(もりしげひさや)(1913~2009)の著作を集めた『森繁久彌コレクション』(藤原書店)の完結を記念して、しのぶ集いが13日、東京・早稲田の同社で開かれた。喜劇俳優の大村崑(こん)さんら旧友たちが、詩にエッセーに筆をふるった才人の思い出を語り合った。

 森繁はラジオ番組の軽妙なトークで頭角を現し、舞台「屋根の上のヴァイオリン弾き」をはじめ、映画「夫婦(めおと)善哉(ぜんざい)」や「社長シリーズ」「駅前シリーズ」などで人気を博した。

 多忙を極めるなか、「幕あいにも書いた」(次男の建(たつる)さん)という健筆ぶりで、残した著作は二十数冊。コレクションでは、「自伝」「芸談」など全5巻に再編集した。

 この日は大村さんや俳優の小野武彦さん、歌手の加藤登紀子さん、作曲家の岩代太郎さんら、親しかった十数人が集まった。

 かつて森繁が作詞、作曲した「知床旅情」を歌いヒットした加藤さんは、第1巻の「自伝」を読んだ感想を話して、「満州で戦争をどうくぐって、戦後どうあがいたか、ほとんどの方がご存じない。本当の森繁さんを知ってもらうために、(本の中で)生き続けていただかないと」。

 「自伝」では、日本放送協会の…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら