写真・図版

[PR]

 新型コロナウイルスの国内感染者は17日午後11時20分時点で、新たに1699人が確認された。1日あたりの感染者数で過去3番目の多さだった。兵庫(107人)、茨城(55人)、京都(49人)、新潟(33人)、長野(24人)、大分(11人)の6府県で1日あたりの最多を更新した。死者は14人増えた。

 東京都は298人で、2日ぶりに200人台となった。火曜日としては8月4日の309人以来の多さとなる。年代別にみると、20代の81人が最も多く、30、40代が各50人、50代が48人と続いた。65歳以上の高齢者は36人だった。

 北海道で確認された197人のうち、札幌市が150人を占めた。同市内ではこの日、コールセンターや医療機関などでクラスター(感染者集団)が発生。厚真町の北海道電力苫東厚真発電所でもクラスターが確認され、道内ではクラスター発生は19日連続となる。

 1日あたり33人で最多を更新した新潟県では新潟市の介護施設で30人の感染が確認された。70~90代の入所者29人と30代の職員。発熱などの症状がある入所者もいるが、現時点では重症ではないという。

 やはり最多を更新した長野県では、県内24人のうち14人が長野市内の飲食店関連のクラスターだった。

 49人で最多更新の京都府でも、32人が京都市内の病院と老人ホームで発生中のクラスター関連だった。

 大阪府で新たに確認された269人は、14日の285人に次いで過去2番目に多かった。