[PR]

 18日午前0時15分ごろ、兵庫県尼崎市南武庫之荘5丁目の路上で、「パンパンパンと3発聞こえた」と近隣住民から110番通報があった。県警によると、民家の外壁2カ所、玄関のドア1カ所に弾痕とみられる穴が見つかった。県警は発砲事件とみて捜査を進める。事件当時、民家には住人の男女2人がいたが、けがはなかった。

 現場は、阪急武庫之荘駅から南西に約700メートルの民家やマンションがひしめく住宅街。小中学校や保育園などが近くにある。今月3日には南へ約1キロ余り離れた同市稲葉元町2丁目の住宅街で、特定抗争指定暴力団・神戸山口組の直系組長(64)ら2人が銃撃されて重傷を負う事件があり、その後、殺人未遂容疑で特定抗争指定暴力団・山口組系の組員2人が逮捕された。県警は二つの事件の関連を調べている。

 近くに住む40代の男性会社員は「乾いた音が聞こえた。近くで発砲事件が起きたばかりで、自分の子どもが巻き込まれないか不安で怖い」と話した。