[PR]

 米国防総省ミサイル防衛局は17日、日米が共同開発したイージス艦搭載の新型迎撃ミサイル「SM3ブロック2A」が大陸間弾道ミサイル(ICBM)の迎撃実験に成功したと発表した。艦上から発射したミサイルでICBM迎撃実験に成功したのは初めて。

 北朝鮮は10月、朝鮮労働党75周年に合わせた軍事パレードで、米本土を射程に収めるとされるICBMや、さらに新型とみられるICBMを公開した。バイデン次期米大統領への政権移行を控える中、米国は地上配備型の迎撃ミサイルに加え、海上のイージス艦からもICBMを迎撃できる能力を示し、牽制(けんせい)する狙いもあるとみられる。

 ミサイル防衛局によると、ハワ…

この記事は有料会員記事です。残り185文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り185文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り185文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら