拡大する写真・図版酒井くにお(右)と弟のとおる=2020年11月、大阪市中央区の心斎橋角座

[PR]

超熟コンビの現在地

 酒井くにお・とおる、海原(うなばら)はるか・かなたが芸歴50周年記念公演(11月8日、大阪・心斎橋角座)でそろい踏みした。昭和の大阪万博の年から二人三脚で半世紀。超熟コンビの現在地とは。

 盛大な拍手に包まれて舞台に登場したくにお・とおるは、感謝の思いを話してクイズ番組の新ネタへ。話の筋を振るとおるが咬(か)むや、兄のくにおがポツリ。「お前も年だからなぁ」。くにおが皮肉られるいつもの展開とは逆で、意外さに思わず笑った。

必死さに爆笑

拡大する写真・図版海原はるか(右)とかなた=2020年11月、大阪市中央区の心斎橋角座

 はるか・かなたは、張りのある声で呼吸のあったかけ合い。はるかの薄毛をかなたがなびかせる代名詞ギャグは、息を吹きかけず扇子であおいだ。コロナ対応の苦心の策だが、フワッとなびく。その面白みもさることながら、髪の乱れでその後のおかしみも増した。そして、ギアチェンジ。競馬ネタでかなたは見事な実況、はるかは激しく動き、必死の姿に爆笑した。

後半の読みどころ
酒井くにお・とおる、海原はるか・かなたが披露したもう1本の漫才。そして最後のあいさつでこぼした涙について。

 両コンビの歴史をクイズで振り…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら