[PR]

 18日午前6時20分ごろ、東京都港区愛宕1丁目の建設中の高層ビル「虎ノ門ヒルズレジデンシャルタワー」(地上54階、地下4階)から出火した。同日午前11時現在、資材などが燃えており、東京消防庁の消防車34台が出動して消火活動をしている。逃げ遅れやけが人はいないという。

 同庁や警視庁愛宕署によると、地下1階の資材置き場から出火し、資材やゴミが燃えているという。

 現場は東京メトロ日比谷線虎ノ門ヒルズ駅の近く。オフィスやホテル、商業施設などが入る虎ノ門ヒルズ森タワーの南隣。事業主の森ビルによると、火災があったビルの大部分は分譲マンションで、2021年1月に完成予定という。