[PR]

 五七五七七の短歌が若い世代で熱いらしい。宮崎市では高校生による「甲子園」が開かれ、書店には時代の空気を吸った歌集が並ぶ。デジタルネイティブ世代も引きつける魅力とは。

 初開催の「全国高校生短歌オンライン甲子園」決勝戦。宮崎市のメイン会場とビデオ通話でつながった高田高校(三重県)、亀谷柊瑠(のえる)さん(1年)が自由題の一首を読み上げた。

 不自由はないと答える不自由を抱えて走る疑問詞の冬

 深い問いを含んだ上の句と詩的な下の句だとのちに審査員に評された一首だが、「対戦」は詠んだあとが本番。「質問・意見」という形で批評しあう。

 対する五ケ瀬中等教育学校(宮…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら