[PR]

 国営昭和記念公園(東京都立川市、昭島市)で、イチョウ並木の黄葉が見頃を迎えている。落葉も始まり、訪れた人たちは、お互いに距離を取りながら時折マスクを外して記念撮影をしたり、落ち葉を拾ったりして、色づいた200本を超えるイチョウの木々の眺めを楽しんでいた。

 園内には約200メートルの「カナールのイチョウ並木」と約300メートルの「かたらいのイチョウ並木」がある。園によると、色づきと落葉の時期はほぼ平年並みで、来週半ばにかけて、落葉が遅い「かたらいのイチョウ並木」が見頃という。(伊藤進之介)